空き巣対策に有効な鍵とは!防犯性を高める鍵交換

女性の一人暮らしは危険~引っ越したら鍵交換で防犯~ 女性の一人暮らしは危険~引っ越したら鍵交換で防犯~

どんな鍵に交換すればいいか

アパートの鍵交換をする際は、防犯性の高い鍵に交換することをおすすめします。では、どのような鍵が防犯性に優れているのでしょうか。防犯性の高い鍵について紹介します。アパートの鍵交換を検討している人や、空き巣対策を実施したい人は参考にすると良いでしょう。

防犯性の高い鍵の種類

ディンプルキー
一口に鍵といっても様々な種類があります。防犯性を高める工夫が色々施されていますが、中でも今多くの人に選ばれているのが、ディンプルキーです。一般的な鍵によく見られるギザギザがあまりなく、鍵表面に小さな「くぼみ」がいくつか並んでいるタイプになります。くぼみの配列パターンを無数に組めることから、防犯性が高くなっています。
ロータリーディスクシリンダー
くぼみのあるタイプと、刻みのあるタイプの2種類になります。鍵穴の内部には円を描くように金属板が並べられていて、鍵を挿入しなければ解錠が難しい作りになっています。不正解錠や破壊をしようとしても、強い衝撃に耐えられる作りになっているため安心です。高い防犯性と設置のしやすさから、広く普及しています。

こんな鍵は要注意!開けられやすい鍵の種類

カギ

危険な鍵ワースト3と呼ばれているのが、古いタイプのピンシリンダー、平成13年以前の鍵、ディスクシリンダーです。この3つの鍵は、空き巣被害を全国的に広げてしまった鍵です。もし、この鍵を使っている場合は、早めに鍵交換したほうがいいでしょう。しかし、こういった鍵は近年、昔に比べると少なくなっており、鍵業者の企業努力もあって、防犯性が高いものが増えてきています。同時に、ピッキングによる空き巣被害も減少傾向にあるのです。しかし、そうは言っても中にはガラスを破って侵入したり、拾った鍵で侵入したりするケースもあるため、依然注意が必要です。

TOPボタン